Day71 ヤンゴン ミャンマー2

朝から宿のご飯をいただいた。

食パン2枚にバナナが2本も付いていた。

朝、まずは武留君の乗ってた電車に乗ることを目指して昨日も行った鉄道駅へ。
10代後半くらいの男の子が寄ってきて切符はここだよ、とか、いろいろ教えてくれたんだけど、そのあと突然、母が水を売ってるとかいらないというとマニーと手を出してきて、断ったら嫌そうな顔をされた。
その後来た電車に乗ると、武留君の昔乗っていた車両にたまたまいきあたる。
車内では物売りがたくさんいたり、信号待ち中に駅でないのに電車を降りる人がいたり、

線路にめっちゃ人がいて、汽笛でのいてーと知らせたり、線路と線路の間に洗濯物が干してあったり、寝てる人もいたりして自由だなと思った。
ドアが開きっぱなしで、入り口のところに座っている人がいたので真似しようとしたら、そっちは暑いよ、と休憩中の運転手さんが電車の先頭に座らせてくれた。
手旗信号だったり、あと踏切も手動だった。
本当は環状線なんだけど、なぜか途中で折り返し運転をしていて終点で降りた。
少し街を歩くと、近くにレストランがあったのだけど、完全に英語表記がなくなった。

でも入ってみたら、案外英語が通じる。ミャンマーご飯だよとのことで、魚カレーとチキンカレーの2種類頂いた。1食1500チャットで100円程度とお安いかつ美味しい。魚カレーが特に美味しかった。
その後入ったカフェでは椅子の下に普通にネコたちが寝てて可愛かった。ライチの生絞りジュース?美味しかった。
光の国幼稚園のバスが過ぎ去っていった。
こちらの国の人はあんまりしゃべらないのかな?シャイな雰囲気を感じる。ペルーやボリビアで感じたのと真逆。
また同じ電車で引き返す。
頭にいろいろ載せたお盆を乗せた物売りの女性、それからたくさんの布団に、窓からはハトも乗って来たよ。
自由だ。
マーケットのある駅で下車。赤くて硬いフルーツの中身は意外に真っ白で一番のお気に入りになった。
他にも、ドリアンは玉ねぎのような味がした。

その後、ミャンマーマッサージに行った。女の子たちの施術、めっちゃ気持ちよかった〜。
身体全体を使って施術してくれた。
チャットの手持ちが少なくてドルで払ったけど2人で75分ずつ30ドルとこちらもお安かった。
夜は屋台で赤い混ぜ麺みたいなのを食べて、ミャンマーコーヒーを飲んで帰った。
ミャンマーコーヒーは、クセが少なくて美味しかった。
2019.5.2 瑛美