ラストラン&ぎふシャルソン!その3

職場を慌ただしく出発し、かなり遅れているので、パーティー会場へ直行。見事にパーティー開始時刻を15分ほどオーバーして、ようやくパーティー会場のナチュラルカフェ&ギャラリー蔵へと到着したのだ。

今回のイベントを企画した時、岐阜でパーティーを開催したいと思った所で、一番に候補に考えたのがココ。第一回岐阜シャルソンのパーティー会場として協力していただいたご縁から始まった、自分の中ではココが岐阜シャルソンの発祥の地。そして、今の自分の活動の原点になった場所の一つだ。

今回も久しぶりに訪れて、企画の趣旨を話したら大喜びで協力してくれて、なんと岐阜シャルソンのTシャツを引っ張り出して着てくれた。

お料理のイメージを聞かれ、出した要望は二つ。シャルソン創始者佐谷さんも来てくれるので、まずはパクチーを使ってほしい。そして僕たち夫妻が世界一周に出掛けるので、それをイメージして、世界各国の料理を出して欲しい。という少し欲張りな要望を出した。

通常のシャルソンのように、ビラパクでスタート…と思ったら、新婚の僕らをもじったオリジナルバージョンに変化w

ライブ中継で僕のたどたどしいスピーチを世界発信され、パーティーがスタートしたのだ。

昨日&今日の体験をシェアして貰うこの時間の楽しさは、やはりシャルソンならでは。町巡りではなく、僕の仕事姿が話の肴になるのは照れ臭いものだが。

とりあえず全員と話をしたり、なんやらかんやらしていたら、いつの間にかもう直ぐ終了時間。サプライズでプレゼントも貰ったり、オヤジのコメントもあったりで、大盛り上がりの内に終了。

気づいたら、自分のiPhoneでは写真、殆ど撮ってなかったw

【まだまだ続く!】

さて、ここからは二次会へ。数人は離脱したものの、逆に二次会から参加の方も多く、結局そんなに人数は変わることなく、居酒屋・三楽へ突撃。

ここは気のいいオッチャンがやっている日本酒の飲み屋で、昨年春に佐谷さん御一行をお連れした時に気に入ってくれたので、再びここに来ることに!

夜も遅くまで呑み語り。ここで僕も、少しだけ仕事納め記念?にと慣れないお酒だけど呑むことに。

終わった時にはもう直ぐ日付が変わる頃。しかし、まだまだ呑み足りない?一行を連れて柳ヶ瀬を闊歩。

あっ…、オレ夜の柳ヶ瀬よく知らんわw

センサーを働かせて、呼び込みには目もくれず、良い佇まいの串カツ屋さんに。

あれやこれやと語り明かし、近くのゲストハウス、岐てんにて宿泊したのだった。

【翌日も楽しむ!】

岐てんに宿泊組は、バテてかなりノンビリスタート。対して駅前ホテルに宿泊した和尚さん→(これは愛称です)は、早朝から行動開始している模様。待ちくたびれて、ゲストハウスまで乗り込んで来ましたw

さてボチボチ行きますか!と、まずはモーニングを食べにGO

ドリンク値段で、トースト、サラダ、茶碗蒸しなどが付いて来る習わしに、みんなビックリ。僕は普通だなぁ〜と思いながらニヤニヤ。

そこから大野町に向かい、今まで活動して来た古民家と、これからこの、ホニャラノイエとして活動していく新!古民家を見学。みんな、また来るよ〜と言ってくれて、とても嬉しい^ ^

お昼は隣町の、古民家を生かしたカフェ、まほろばで。お昼の演奏会もあり、荘厳な雰囲気の中、男4人のむさ苦しいグループはかなり浮いたであろう。

さらにさらに…大野町の個人的イチオシポイントへ!とあるオジさんが手作りで頑張った、オトナの遊び場へとご案内。

みんな時間を忘れるほど熱くなって、パターゴルフや、ダーツに打ち込みました。

遊び過ぎて帰りの時間一杯一杯になり、最後は大急ぎで駅へ送り届けました。

【エピローグ】

記念すべき、僕のJR人生から脱却する節目。一区切りとして最高に面白い形で終わることが出来た、濃厚な3日間だった。

制服姿の僕に会いに来るためだけに、わざわざ岐阜まで呼び寄せるという、かなりフザけた企画かも知れないが、ノッてくれた沢山の仲間には本当に感謝!そして、大いに楽しんで貰えた様子を見ることが出来たこと。そして僕自身も最高に楽しく仕事納めを出来たのが良かった。

こんなイベントは、この時の僕にしか出来ないし、こんな楽しいコトなら、またやってみたいなぁ〜なんてことは、もう出来ない。

だけど、これからの自分達は自分の手で、楽しいコトや場所を創り上げていく。とても良いスタートをこのイベントを通して切ることが出来たのではないかなと思う。