Day11 アレキパ〜ユーラ

夜中に何度か目が覚めて、少し息苦しさを感じた。やはり空気が少し薄いのか。

朝早く目が覚めて屋上に行ってみると、朝日に街並みが映えて綺麗だった。

富士山みたいな見た目の山がいくつも周りを取り囲んでて雄大。ここが2000メートルと信じられないくらい高い。5000メートルくらいはあるのか。
朝ご飯のパンとマンゴージュース?がまた美味しかった。


ここの一番のメジャーどころはコルカ渓谷のコンドルを見に行くツアーらしいけどあえて外してユーラの温泉地を目指す。
バスに乗ってまずは街の中心地へ。

白い街並みが綺麗。
途中防止売りに出会ったので、武留君の頭のサイズに合う帽子はある?とジェスチャーできいたけど見当たらなかった。昨日もダメで、武留君サイズはこちらでもなかなかないのかな、と笑う。
教会にはいるとたまたまミサらしきものをやっていて、私たちも列に加わる。
司祭らしきおじいさんと、子どもたちが何人か前で話したり、楽器と歌が流れたりする。
最後にいろんな人と握手して、前に並ぶと何か小さなせんべいのようなものを食べさせてもらっていた。
そのまま道を歩いていると、yuraと書かれたバスがやってきたのでそのまま飛び乗る。
途中、緑の中に岩がゴロゴロしたところや、赤い岩石にサボテンがイソギンチャクみたいにところどころ生えているところとかを過ぎて、ユーラに到着。
温泉前に腹ごしらえして、さあ行くぞと思ったら地元の人たちがバレーをしているのに遭遇する。
武留君があれに混じったら面白そうじゃない?と言ってじーっと見だしてビックリする。
そうしたら本当に誘われて、4ゲームくらい一緒に楽しむ。
武留君がなぜかジャックと呼ばれていた。
すっかり打ち解けて、バーベキューのお肉とジャガイモとトウモロコシまでご馳走になる。
そのあと温泉に入ろうとしたけどどこも15時までで入れずショック!!
帰りのバスからは、歩道を羊の群れが歩いて行くところや、車道と線路の間らへんを馬に乗って行く人などがいてびっくり。
なんか自由だ。
大型スーパーに立ち寄り、オシャレカフェでコーヒーを買うと8ソルもした。(260円くらい)

この間市場で食べたランチが2人でドリンク込みで6ソルだったことを思うとその価格の差に衝撃。
※ユーラの温泉心残りなので、ここにわかる情報書いておきます。無事入れた方いたらぜひホニャラノイエまで知らせに来てください!

★アレキパからユーラの行き方 2019.3.3現在

町の中心地に出ると「YURA」とフロントガラスに貼られたバスが走ってるのでそれに乗ってください〜
ユーラまでは3ソルで、1時間半くらいかかります。

お金は車掌さんに渡してください。

ユーラについたら、みんなが降りるところで降りてもらえたら(終点まで行っても多分大丈夫かな?)

川沿いに5件ほど温泉があります。

水着着用

日曜はどこも

8:30〜15:00

ってなってました。

平日はもっと遅くまでやってるって近所の男の子はいってました。

日曜は混むし早く閉まるしオススメしないって言われました 汗

値段は確か10ソルくらいだったかな?そんなに高くないです。

帰りは中心地までのバスにのって帰れます。

サンドラの家に泊まるなら、ディエゴ君に聞いても教えてくれますよ。サンドラの家からだとバスは乗り継ぎですね。まず街の中心地に出るバスか何かに乗ってください〜。