Day15 クスコ

朝起きたら2人とも随分元気になっていた。
今日は散策しよう!とベッドで話す。

朝ごはんに屋台でパンの間にアボカドと、卵焼き?みたいなのか挟まったのと、キヌアりんごジュースを買って、洗濯物を取りにいく。綺麗にたたまれていて丁寧な仕事だった。

そこからルイスさんの紹介で馬乗りに。

本当に良かった!


少しぬかるんだ道を登っていくと、広々とした緑がひろがっていて、アレキパや羊、馬たちがのんびり草を食んでいた。

すでに標高3400mもあるのにさらにそこから高い高い木がそびえ立っている。青空もまだまだ高かった。

途中道路を横断するときは普通に車が走っていてちょっと怖かったけど、車がうまく避けてくれた。

50分ほど馬に揺られて辿り着いたところはインカの遺跡で「月の神殿」。ここで馬を降りて少し休憩。
高台の遺跡に上がってのんびりした。


ここで、インカのセレモニーが行われていたという。少し想像してみる。

帰り道を乗せてくれた馬のアミーゴちゃんはちょっとお腹空いてたのか、途中草をつまみぐいしながら降りていった。

これで一人当たり50ソル(1500円)なんて安い!

午後は魚料理を食べて、市場でフルーツを幾つか買って、ルイスさん宅からホテルへ移動。

ところでちょいちょいルイスさんが白タクを止めてくれるんだけど、どうやって乗用車と見分けてるのかずっと謎だった。それがどうも、プップッてクラクション鳴らしてくるのがそうみたいだとやっと気づいた。というか白タクめっちゃ多い。

馬乗りで武留君のズボンが破けちゃったので市場に買いに行った。

値段交渉して149ソルが110ソルまで下げてもらえて、いいズボンを手にすることができた。

夜ご飯は、さっきのフルーツ。名前教えてもらったけど全然覚えられなくて、謎フルーツパーティに。


なんか、東南アジアとかに行ってたらフルーツはもう全部食べた気でいたけど、まだまだ知らないのがいっぱいあるんだなぁと改めて思った。