Day26 ラパス2 南米最後の日

朝、ホテルを出ると早速大統領府周辺道路が封鎖されている。
デモでもあったのだろうか。
朝から美味しそうな屋台がたくさん並んでいて目移りする。
生絞り柑橘ジュースに昨日買ったパン、それからおばちゃんが売ってたおかずをマッシュドポテトのようなもので包んだ食べ物を食べる。
このポテトのようなものに、屋台前に並んだ幾つかの惣菜をスプーンで乗っけて食べる。
めちゃ美味しい。

グルメはそのあと、チョリソーのバーガーを食べ、ランチにまた屋台で出てたレチョン(豚のオーブン焼き。付け合わせにじゃがいも、さつまいも、焼きバナナがつく)を食べ、ボリビアコーヒーを飲んで、アピ(紫トウモロコシを使ったあったかい飲み物)と、パステル(パンのようなものにチーズが入っている)を食べて生絞り柑橘ジュースと、チーズ入りパンで締めた。

ラパスは食い倒れの街か、と思うほど美味しい。
食べ物が謎じゃなくて括弧書きで説明できるのは昨日案内してくれたOさんのおかげ。ありがたいです。
博物館を2つ巡った。

1つは楽器博物館。私設で、古代からの楽器と世界中の楽器が集められていた。
笛のようなものや、弓のような弦楽器など、興味深いものがいろいろあった。
そのあとはサンフランシスコ修道院併設の博物館。こちらは鐘のある屋上に登れるというので行ってみたかった。
ガイドさんがついて英語でいろいろ説明を受けながら回った。
ワインの製造場所があったり、視線が動いて見える絵画や、また狭い石造りの階段を抜け屋上へ登ると複雑で美しい構造があって、見てよかった。
夕方、空港へ向かうためのバス乗り場へ向かう途中、偶然見かけたロープウェーに乗った。昨日は紫の路線だったけど今日は青い路線。
景色が全然違ってこちらも綺麗。ススキがたくさん生えてた。
バス乗り場についてから、最後に屋台で夕食を食べたいと思ってたけど、見当たらず、しぶしぶ近くのスーパーマーケットに入る。
奥の方にイートインコーナーを発見し、ピサを食べた。
スーパーで売ってるピザの味がした。
デザートにエクレアも買ったけど、これも同じく。
うーん、やっぱ屋台の方が安くてうまい。

値段倍くらい違うのに。
空港へのバスがめっちゃ行列出来てて並んだら後ろのおばちゃんが突然何事かを話しかけてくる。
同じ言葉を繰り返してめっちゃ話しかけてくるけどよくわからない。
するとその後ろの男の子がスマホのグーグル翻訳で訳してくれた。
列は気にしないで前に行け。
と。
なんで?って顔したらさらに、
空港に行く人は前に言って良い。
というようなことだったらしく、それでもちゅうちょしてたらおばちゃんが一緒に前へついてきてくれて、本当に関係なしで乗ることができた。

どうもバスは空港手前で降りる人が多いらしく、空港まで行く人は優先的に乗れるっぽい。

わざわざそれを伝えてくれるなんて、しかも言葉わからない日本人に。

こっちのおばちゃんめっちゃ親切や。

別のバスにのってたときも、親切に目的地への行き方を教えてくれたおばちゃんたちがいた。

なんか、関西のおばちゃんを思い出した。

夜はラパスの空港のホテルに入った。

2019.3.18 瑛美