Day32 ボストン最終日

朝からボストン科学館へ。

思った以上にビルがでかい。
2時間ほどで出てきたけど、いようと思えば一日中いられると思う。
最初は、生態系についての展示。
初日にびっくりしたでかい鳥がカナディアングースということが判明
後は、音についてとか、環境問題(例えば畑はどういう構造にしたら環境への負荷が一番小さくなるか、など)とか、歯車の仕組み、錯視、などなどありとあらゆる科学的な知識が体験できるようになっている。


GEについて勉強したところで、お腹が空いて脱出。
大学の友人と、昨日地元の子たちにも勧められたボストン名物ロブスターロールを食べに行く。
james hook&co のロブスターロール25ドルにロブスタースープとホタテの料理。


めちゃ美味しかった。
午後から友達がハーバード大学案内してくれる予定が急用で来れなくなったので、2人だけで向かう。
MITも立派だったけど、こちらはさらに立派。
カフェテリアのステンドグラスとかシャンデリアとかものすごく豪華。ただし学生IDがないと入れないからちょっと敷居が高いかも。
近くのお店で行列の出来てたMILKというお店でミルクアイスを食べる。とっても濃厚で美味しい。その後アメリカでどうしてもホットドッグが食べたいという欲求と、ダンキンドーナツをよく見かけるのでそれも食べておきたくて(日本にもまだあったっけ?)ドーナツを1つ食べる。


夜、ホストのお宅で南インドカレーをご馳走になった。
本場の人が作るカレーはやっぱりおいしい。
お皿をもらった時、食べる道具がなくて、インドは手で食べると聞いていたので、初挑戦する。
あとからホストが「忘れてた!ごめんね」とスプーンをくれたけど、せっかくなので最後まで手で食べた。
簡単そうにみえて意外と難しく、何度もスプーンを使いたくなった。
ヨーグルトが意外と合う。
食べながら、ご夫婦とインドや日本の話をする。カーストの話もきくとら3000種類くらいあって、ボストンのインド社会でも聞かれるときいて驚く。
またぜひ会いましょうね、と言って別れた。
本当によいホストさんたちだった。
話し込んでしまって、バルセロナ行きの飛行機、空港に着いたのが50分前くらいでなんとか間に合ってよかった。

ボストンは親切な人が多くてよかった。ありがとうボストン!

2019.3.24 瑛美