Day39 ブリュッセル ベルギー2

朝、起きたら用事で先に出かけたリサちゃんがお茶とオレンジを用意してくれていて感動した。

気がついたらサマータイムで1時間短くなっていたらしい。
リサおすすめのコースに従って路面電車でフラジェの日曜市場を目指す。
これまたおすすめのおしゃれカフェBELGAでドリンクとクロワッサンをいただき市場でチキンやプリュッツェルを食べ歩く。
ブリュッセルもどこへ行っても絵になる街並み。
公園の池のほとりでのんびりしてから元修道院の建物へと向かう。
他よりも少し低い敷地に横たわる建物。


ドラマとかでは見る修道院を始めて生で見て、ここで彼女たちが学んだんだなーと想像する。
お昼にフラジェ広場に戻ると、武留君がずっと食べたがってた生オイスターの屋台をついに発見!おいしかったー!


あと美味しそうなクレープ巻きと、リサに教わったベルギー名物の1つ、ポテトフライもいただく。トッピングにサムライというのがあったので試してみたけど、日本感は全くなくてでも美味しいスパイシーなソースだった。
そのあと乗った地下鉄の線路があるトンネルが広くて明るくて、遊園地のアトラクションみたいでちょっとテンション上がった。


全体的に街中が何とかランドみたいとか思ってしまった。
そのあと行ったオススメの広場がまた美し過ぎる。
ここで、リサオススメのベルギーチョコのお店を3軒はしごして食べ比べ。
ものすごくおシャレなスタバで休んだあとは、生クリームモリモリのワッフルをもう一度食べ、
世界三大がっかりと言われるという小便小僧を見た。確かにかなり小さいけど気持ちよさそうにおしっこしてた。


帰宅後には、別のシェアメイトたちも集まり夜ごはんを一緒に食べた。

リサがブリュッセル中を探し回って見つけた日本の調味料の充実振りに感動した。

味噌、醤油、ごま油、昆布、鰹節ならぬマグロ節があった。
私たちも味噌汁と卵焼きとガーリックパンに出し殻で作った佃煮を作り、作ってくれたアスパラのパスタとチョコブラウニーを食べながら、フランス語と英語、日本語のいり混じる楽しい晩御飯になった。
2019.3.31 瑛美