Day60 モスクワ ロシア2

お昼に起き出してきてご飯を食べてから、お楽しみのボリジョイサーカスへ!

常設のサーカス場があった。
席に座ると奇跡的確率で、日本人3人組と隣り合わせてしばしお話。
サーカスは、大興奮!生演奏に、映像も駆使してすごい迫力だった。
途中、ラクダが出てきて、音楽に合わせてコブがピコピコ動くのがカワイかった。
他にも、カバとサルの演目も目を引いた。サルが2匹自分でシーソーを操ってジャンプしてカバの上に乗ったのがびっくりした。
超高速の馬の上で人が演技したり、ブランコとか高いところでぶら下がってる人が足だけで人を持ち上げたり、
いろんな演目が次から次へと出てきて息つく間もなかった。

楽しかったー!
そのあと、雀が丘という名所にいくと、立派な建物があって、これが大学だと知ってあとでびっくりした。
広場を超えてロープウェーに乗ったところで夕陽が冬木の向こうで輝いていた。スキー場もあるみたいで都会のど真ん中にあることにびっくり。
終着駅についてフードコートがあったので色々食べてみる。
練乳のブリヌイ(クレープ)と、茹でトウモロコシに、久々のオレンジ生絞りを飲んだ。
夜は武留君がリサーチしてくれたロシア料理店へ向かう。
このあたりはメニューがキリル語で書かれているので調べておかないと何料理の店か全くわからない。
でっかいマトリョーシカ人形と出会ったりしつつある通りに出ると、ルミナリエみたいに電飾された一帯にでて驚く。
デパートの中に、СТОЛОВАЯ No57というロシア料理店へ。
カフェテリア形式でいろんなメニューが楽しめる。
ただ、有名なボルシチ、ビーフストロガノフは見つからず。ピロシキはあった。
食後にコーヒーと謎のドリンク(後でkbacというロシア伝統の小麦とか発酵させたジュースとわかる)を飲んで帰った。
ところでこちらでは、デパートに入るにも、空港みたいなボディ検査をされる。地下鉄にもいまは素通りできるがそういう検査装置のあとがある。
またエレベーターには必ず監視員がいたりする。
雰囲気が厳重というか、いままで訪れた国では一番物々しいなと思う。
2019.4.21 瑛美